母手作りの半そでシフォントップス

 

 

洋服が一枚増えました。うれしいな。関係ないけど、子供の玩具が落ちてる・・・

洋服が一枚増えました。うれしいな。関係ないけど、子供の玩具が落ちてる・・・

母に縫ってと頼んでいた服が届きました。うれしい!

元はレーヨン生地のテロンテロンしたギャザーのマキシ丈スカートでした。 2年前妊娠後期だった頃、夏のセールで買ったものです。

喜んで帰ってきたのもつかの間、お腹が大きかった私は、チューブトップとして着て上からカーディガンをはおり鏡を見たら残念なほど似合わなかったのでした(試着はしないで買ってしまった)。

で、産んだ後にマキシ丈スカートとして活躍させようとしたものの、慣れない格好をする勇気も持てず、そのまま放置してしまっていました。

もうリメイクして生まれ変わらせなきゃもったいないと、ほどいてみたらトップスが作れる分量はあるのを確認。 どんな形にしようかいろいろ考えた結果、ボーダー切り替えトップス(過去ログ)の製図を使うことに。

参考図書 ブティック社「ニット地の服(FEMALE2011年春号増刊)」

私のようないかり肩でがっしり体型の場合だと、ボーダーを縦横組み合わせたことによって目の錯覚効果を狙ってたけど無地はどんな具合になるかちょっと不安でした。

が、襟ぐりの開き具合も広めなのとレーヨン素材の落ち感があるので大丈夫かな。

って自分が縫ったみたいですね(笑)。

どうして自分で縫わなかったのかというと、

自分の中で洋裁熱が上昇中なんですよ。

やりだしたら止まらない、なにがなんでもやりたくなっちゃう性分なんです。

小さい子供がいるとなかなか時間が持てない、となるとイライラしてしまう自分がいるので、なるべく熱中しないようにしているワケです。

それにね、セールに行けば子供がチョロチョロして落ち着いて見られないし一日の空き時間はやりたい事が沢山。 要するにストレスが溜まっちゃってるってことですね。

で、母にちょっとボヤいて作って~と頼んだわけです。 今はリメイクやもう少し時間がかからず出来る作業で洋裁熱を発散したいと思います。 ここでもボヤいてしまいました・・・。反省。

話はもどりまして、このトップスは自分のボトムスにほどんど合う色なので重宝しています。

作ってもらった服に自分のボトムスを合わせてみた図。右から写真にうつってるクロップドパンツ、茶系の柄付きのパンツ、ボーイフレンドデニム、グレーのタイトストレート、ユーズドインディゴのスキニー。どれにも合う色っていうのはありそうであまり持っていなかったんですよね。

作ってもらった服に自分のボトムスを合わせてみた図。右から写真にうつってるクロップドパンツ、茶系の柄付きのパンツ、ボーイフレンドデニム、グレーのタイトストレート、ユーズドインディゴのスキニー。どれにも合う色っていうのはありそうであまり持っていなかったんですよね。

 

インナーを白や黒に替えればまたちょっと違う印象になってくれそうかな。 このトップスなら沢山活躍してくれそうです。リメイクしてよかったです。