拡大指定の製図を等倍で使用し子供用(二歳)の帽子を作ってみた

二歳児用の耳あてのある帽子を作りました。

二歳児用の耳あてのある帽子を作りました。

「ニューヨークで手作り」若山 夏子(著)という本のNY hat ダブルフェイスの帽子の実物大の製図を、本当は

120%に拡大して使用するのですが、等倍で使用したら子供用の帽子が作れるかな?と思い立ち作ってみま

した。

プレ幼稚園で外遊びをする時、耳が隠れる帽子の着用をお願いしますとおたよりがあり、用意しなければいけ

なかったのです。

生地もストックからなんとか用意できたし。

表地は厚手のニット生地で、裏布はフリースです。

一応リバーシブルで使用できるようにはしました。

作り方はパーツを縫い合わせた表布と裏布を外表で合わせ、巻きロックでとじるという方法。

着用してみました。大きさもちょうど良くできあがりました。 ジャンパーと色合いが似てるから、そんなに違和感なく感じると思います。

着用してみました。大きさもちょうど良くできあがりました。
ジャンパーと色合いが似てるから、そんなに違和感ないですよね?

若干大きいかなとは思うけどちょうどいい範囲内です。来年もかぶれると思います。

ただね、失敗したとことが一つ。

耳あてのついたニット帽は両側からヒモがぶら下がっているのが一般的だと思うんですが、二歳だとヒモが邪

魔って言うかな、とか等余計な気を回してしまい、共布であごの下でマジックテープで止められるとように手

を加えてしまいました。

この帽子の他にネックウォーマーをするようにも言われているので、それもあごの部分から押し上げられて
「マジックテープがあごに当たっていたい」と文句を言われてしまいました。

やっぱりヒモでよかったのかー。

うまく付けられなかったし、見た目にもダサく見えちゃうから付けなきゃよかったと後悔。

しかしながら、毎回ちゃんとかぶって遊んでいるので作ってよかったです。

インスタグラム始めました

こちらでも仲良くしてください。フォロー&イイね励みになりうれしいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.