プチソーイング 長袖Tシャツの襟ぐりを広げる

before&after そんなに差がないように見えてしまいますが、襟ぐりを広げてみました。

before&after そんなに差がないように見えてしまいますが、襟ぐりを広げてみました。

一般的な襟ぐりの広さの長袖Tシャツも肩幅がありいかり型の私が着ると窮屈そうに見えてしまいます。

市販のを探す時はちょっと広めの襟ぐりのを探したりしてます。

このシャツはお義母さんからいただいた物。

二枚いただいてもう一枚はリメイクして着ています。

ロングTシャツの丈を短くしただけだけど着やすくなりました

お義母さんは超なで肩の方なので着た感じも全然違うことでしょう。

私の場合は襟ぐりをもう少し広く加工したら着られるようになるかしら、っということでちょっといじってみたわけです。

工程と着画してみましたの図。作業時間は一時間ほどなのに二ヶ月以上放置してました。。。

工程と着画してみましたの図。作業時間は一時間ほどなのに二ヶ月以上放置してました。。。

後ろの襟ぐりと肩にかけてはは1.5cmで、一番深いところは3.5cmほど深く下げてみました。

しかし、ボディに着せたのを見るとあまり変わりはないように見えますよね。

(角度やアングルのせいなのか・・・)

でも私が着て鎖骨ギリギリだったのがセンチ分下がっているから大丈夫なはずです。

苦手なふちどり(パイピング!?)も今回はうまくいきました。

これで私でも着られるようになりました。黒のインナーも持ってなかったし、服がまた一枚増えました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.