革のUSBメモリーケースを作り直しました

納得いかなかったので、もう一度リベンジしました

納得いかなかったので、もう一度リベンジしました

 

糸調節がうまくいかず縫い目がボロボロなUSBケース、やはり見る度に納得いかず、次の
日またミシンに向かいました。

前回のは家庭用ミシンで作ったので今度は職業用ミシンを使ってみました。

そしたらすんなりうまくいき、拍子抜けしてしまいました。最初っから職業用のミシンを使えばよかったのか。

今回の糸調子はバッチリうまくいった。糸は素材に近い色にしたほうがいいってこともわかりました。

後ろもキレイに縫えました。

後ろもキレイに縫えました。

私の家庭用ミシンはボビンが大昔のだったりするのでメンテナンス後にまた糸調子の確認をしてみようかな。

とにかくもやもやしてたのがすっきりしました。

 

インスタグラム始めました

こちらでも仲良くしてください。フォロー&イイね励みになりうれしいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.