小学三年生 夏休みの自由研究 ショートパンツ作り

長男着用写真。母の家にあったカーキーの布を使用しました。ポケットもついています。

長男着用写真。母の家にあったカーキーの布を使用しました。ポケットもついています。

小学三年生の長男、今年の自由研究でショートパンツを作りました。

 

私とではなくて、(洋裁ができる)私の母とですけどね。

 

型紙はこちらの本を参考にさせていただきました。

 

文化出版局 林ことみ 「男の子と女の子のパンツ」

文化出版局 林ことみ 「男の子と女の子のパンツ」

文化出版局 林ことみ
「男の子と女の子のパンツ」

 

この本の中で脇に縫い目がないタイプの実物大原型を使いました。

 

製図の写し取りと裁断は大人がやり、縫うのが息子担当。

 

ミシンを使うのは初めてなので、一枚雑巾を縫う練習をしてから本番縫いに挑みました。

 

母の布地ストックから若干伸縮のある薄手カーキーの布地を使用しました。

 

ほつれにくい生地みたいで、布端始末(ロックやジグザグミシン)はしていません。

 

時々曲がっていたりしていますが、生地とほぼ同色の糸を使っているから目立たなく、全体のバランスで見たらちゃんと形になっているからオッケー。

 

 

学校でも「○○(名前)スゴイ!」「売れるねー」と言われてうれしかったようで、次の日は「はいて見せるんだー♪」と着用して行きました。

 
ミシン作業、楽しかったみたいでまた何か縫いたいと言っていました。

 
冬休みの自由研究は長いパンツを作ろうか。

 

私は見てるだけでしたが、息子の頑張りにポチっと応援クリックお願いします!

 

インスタグラム始めました

こちらでも仲良くしてください。フォロー&イイね励みになりうれしいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.