クラッチバッグをショルダータイプに加工する

クラッチバッグをショルダータイプにリメイクしました。 こんな感じにできあがりました。

クラッチバッグをショルダータイプにリメイクしました。
こんな感じにできあがりました。あまり下げてつけると重く見えるので若干上(腰骨より上)になるように身につけています。

実家で白い本革のクラッチバッグを見つけました。
母いわく、大型かばんについていたセカンドバッグかもしれないとも。

 

適度な大きさや、サイドにマチもついているのでコンパクトな割には収納力もありそう。
ショルダータイプに加工したら使えそうなので譲ってもらいました。

 

次男が生まれてからというもの帰省するたびにお義母さんが

 

「いつもでっかいリュック背負ってぇ~」と言われていたのです。

 

一人で出かけて、ふと鏡に写った自分を見た時に

 

「確かに一人の時はリュックじゃなくてもいいかも」と思ってしまいました。

 

さて、ショルダーにするには肩ひもになる部分が必要です。

 

リサイクルショップで見つけてきました↓。

リサイクルショップで540円で買ってきました。使うのはチェーンと丸カン。

リサイクルショップで540円で買ってきました。使うのはチェーンと丸カン。

このカバン、540円なり。カバンのファスナーの色と同色系のアンティークゴールド色(光ってないマットな感じのゴールド)を探してたのです。

加工するクラッチバッグ。ピンク色の部分から数センチほどいて加工します。

加工するクラッチバッグ。ピンク色の部分から数センチほどいて加工します。

このクラッチバッグの写真のピンクの部分の革を数センチほどいてから同色系の革ひもとリングをはさみこんで、このチェーンの金具をひっかける所を作ろうという作戦です。

こんな感じにはさみ込みたいのです

こんな感じにはさみ込みたいのです

作業としては簡単だと思うけど、革が分厚くなる部分が縫いしろから外れてしまったり、16番の針でも折れてしまったり何度かやり直ししました。

 

クラッチのうち側

内布もついているから、ほどいた箇所はミシンでとじました。

出来上がり部分をズームアップしたらこんな感じ

出来上がり部分をズームアップしたらこんな感じ

チェーンをつけたら出来上がり♪かと思いきやちょっと問題が発生しました。

 

ショルダータイプに出来上がったのをさっそく身につけて外出したら、チェーンが肩や鎖骨に食い込んだり擦れたりして痛いのです。

 

それで家にある他のカバン達を観察してみると、肩への負担をやわらげるためにショルダーパッドがついているのがありました。

アマゾンで見つけたショルダーパッド。買えないから似たようなのを作ってみたい。

アマゾンで見つけたショルダーパッド。買えないから似たようなのを作ってみたい。

アマゾン ナダヤ ショルダーパッド

なるほどね。

 

できれば革の色と似た感じのパッドを作りたいけど、白の革って近所の手芸店には売ってなかったし、そこまで手間も予算もかけたくないのです。

 

ふと思いついたのがホームセンターでチェーンを保護するために透明のホースが被されていたのを思い出しました。

 

家にはテーブルに敷く用の厚手のビニールもあるのだった(とっておくのもいいことなんだね)。

 

これで似たようなのを作ってみよう。

 

チェーンをビニールシートではさみ込み、きわをミシンで一本縫いました。

透明のなんちゃってショルダーパッドを作ってみたら、肩に食い込まず痛くなりません。

透明のなんちゃってショルダーパッドを作ってみたら、肩に食い込まず痛くなりません。

 

見た目にも近づかないと目立たないと家族も言っていました(←長男いわく)

 

さっそく身につけてみたら全然痛くありません。

 

やった。これで使えるようになった。

 

ただ、ふと思ったのは目立たないにしても、これは見た目にアリなのか、ナシなのかということ。

 

センスがないのでわかりません・・・。

 

わからないのを武器に堂々と歩いている私ですが(笑)。

 

さて、このバッグを使ってみたいがために元気っ子の次男と出かける時、このバッグには貴重品、サブバッグに着替えやおむつ(トイレトレーニング中)等を入れてお出かけしたんです。

 

いつもリュックで行動している私はサブバッグの存在を忘れてしまい、出先で忘れてしまいそうになりました。

 

車に乗る時思い出したからよかったけど。

 

こんなドジな私にポチっと応援クリック↓してくれたらうれしいです。

 

インスタグラム始めました

こちらでも仲良くしてください。フォロー&イイね励みになりうれしいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.