裾がドレープのラグランブラウス

普段あまり着たことのない色だけどサーモンピンクの薄地ポリエステルでラグランブラウスを作ってみました。全体的に白の細かい水玉模様が入っていてシワ加工されている布。

裾の脇にはドレープなるものに今回初めて挑戦してみました。

今回、ラグランTシャツの型紙をいじり、既製品の洋服を参考にドレープの作り方をメモしました。自己流ではありますが、以下に覚書き程度としてのこしてあります。よかったらどうぞ。

注)肌色が元の製図で、緑が加えた部分です。

製図はニット用の製図なので普通布用にラグランTシャツの型紙を前身頃・後ろ身頃・袖の脇をそれぞれ1センチずつ足して、前中心・後ろ中心共に2センチ加えました。中心部2センチ分はギャザーを寄せてパイピングをして始末。
裾は12センチほど伸ばし、ドレープ始末をしました。両脇の縫い代にヒモをはさんで縫い止めするだけ。緑のがヒモですが、縫い代の下に入っていると想定してくださいね。そして赤はステッチをかけた部分です。

製図はフリーパターンのパターンパズルさんからダウンロードしたのを使っています。(パターンファイルをダウンロードする→レディース→レディースラグラン長袖)
この型紙を自分の体型用に補正した後、上記のように改良しました。

他にも製図が充実してるので私も時々使わせてもらっています。子供服とかもオススメですよ。

インスタグラム始めました

こちらでも仲良くしてください。フォロー&イイね励みになりうれしいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.