切り張りしただけ 手作りハロウィン衣装(男の子用)

文字部分が自分で作りました。かぼちゃのおばけやこうもりはセリアのインテリア雑貨でそれを縫いつけました

主に文字部分を自分で作りました。かぼちゃのおばけやこうもりはセリアのインテリア雑貨で、縫いつけました。帽子とバックも100均のです。

今さらになってしまいましたが、次男のハロウィン衣装を手作り(加工!?)した時の話です。

 
次男は長男が卒園した同じ幼稚園のプレスクールに通っていまして、その幼稚園は毎年10月31日にハロウィンの仮装をして登園することになっています。

 

それで、毎年衣装作りに悩むわけです。

 

園全体でイベントも行ったりもするけど、遊んだりお弁当食べたりと普通に一日を過ごすことも考えると動きやすい服装がいいのかな、とか。

 

そしてうちの子はなぜか行事になると休むというパターンが続いていたので、最近ずっと風邪気味だったし、夜なべして作っても休んでしまうという親も子も悲しい事態にならないように、そしてなるべく家にある材料で作れるのは何か・・・といろいろ考えて作ったのがこの衣装。

 

家に無地(黒)の長袖があったから、何年か前にセリアでインテリアの飾り用に売られていたフエルトのハロウィンキャラ達を手縫いで縫いつけました。

 

そして真ん中の「Trick or Treat」のロゴはソフトでロゴを作り

グラフィックソフトでロゴを作ります

グラフィックソフトでロゴを作ります。「Happy Halloween」でもよかったんだけど布に加工する時の文字数や切り抜きやすさを考えたら「Trick or Treat」になりました

文字の加工や写真の編集にはいつもフリーのグラフィックソフト「Pxia」を使っています。

 

プリントしたら文字を一つ一つ切り抜いていきます

プリントしたら文字を一つ一つ切り抜いていきます

プリントアウトしてロゴを生地の上に置いて切り抜きします。

切り抜いた文字達を今度は生地の上に置いて、生地も切っていきました

文字達を今度は生地の上に置いて、生地も切り抜いていきます

それを長袖と同色の生地を用意して、その上に手芸用ボンドで張っていきます。

 

 

張っただけではなんだか物足りなかったので、家にあったゴールドのグリッドグルー(のりにラメが練り込んである)で縁取りしたら良くなりました。

ゴールドのグリッドグルーで縁取り

ゴールドのグリッドグルーで縁取り

乾くのを待ちます。

 

乾いたらさきほどフエルトのハロウィンキャラを縫いつけた長袖の真ん中に置いて回りを縫いとめます(手縫い)。

長袖の上に置いて縫いとめます

長袖の上に置いて縫いとめます

出来上がりました。

出来上がりました!

出来上がりました!

ミシンで縫わなかったのはほどくのが面倒になるからです。

 

来年はこの服も着られないと思うし、工作用のグリッドグルーを使っているから洗濯はできないですからね。

 

洗濯したら全部はがれおちて洗濯機がラメラメになり、掃除も大変。

 

実際着てみたらこの服だけでは地味に見えます。

 

長男が昔使った帽子とポシェットを身につけてみたらそれなりに見えるようになってきた(一番上の写真)

 
ちなみに過去に作った長男用のハロウィン衣装↓

長男が年中さんの時のハロウィン衣装

長男が年中さんの時のハロウィン衣装

その時の記事はこちら

 

ちなみに次男にこのフサフサのついたポンチョも着ていく?と聞いたら、首がチクチクするからと断られました。もう捨てたほうがいいのかな。

 

さて、当日には体調も戻りハロウィン行事に参加することができました。

 

次男も楽しかったようでなによりです。

 

ですが、11月の連休明けに風邪をぶり返してしまいました。

 

夜中も咳がひどくて可哀そうです。

 

同じく夜中眠れない家族も睡眠不足でフラフラ。でもやっと薬が効いてきたのか眠れるようになりました。

 

温度差が激しいので皆さんも体調には気を付けてくださいね。

 

ポチっと応援クリック↓もお願いします★。

インスタグラム始めました

こちらでも仲良くしてください。フォロー&イイね励みになりうれしいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.