ウール混のボーダーニットをボディバッグにリメイク

長男が習っている陸上のお手伝いするため両手が空き、荷物が落ちてこないコンパクトなボディバッグが欲しかったので自分で作ってみました

長男が習っている陸上のお手伝いするため両手が空き、荷物が落ちてこないコンパクトなボディバッグが欲しかったので自分で作ってみました。この格好でお手伝いに挑んできました

この間、お直しまでして着ていたウール混のボーダーニットが、ついつい普通洗濯を繰り返しているうちに縮んできてしまいました。

ボーダーニットをいただいたんです。「ミッシェル・クラン」ではないですかー。嬉しいよ嬉しいけど、肩幅が広くいかり肩なのにそれをさらに強調してしまうボーダー柄。肩山...

もう最後は伸縮性も少なくなり2~3ぐらいサイズダウンし、素材はフエルト状態に・・・。

そこで、必要に迫られていたボディバッグにリメイクすることにしました。

長男が陸上を習い始め、レッスンバックも作ったり、送り迎えなど忙しくしています。

最近、長男が陸上を習い始めました。上靴と汗ふきタオル、水筒を入れる袋が必要なんですって。思いつきで製図を書き、縫って出来上がったのがこのバッグです。生地はお義母...

月に1度か2度、親もコーチのお手伝いをしなければならなくて、それがけっこうハードワークなのです。

車の中に荷物は置いておけないし、多数の方が出入りする所なので貴重品は身につけておかないといけません。

リュックは大きくて邪魔だし、ショルダーだとしゃがんだ途端ドサッと落ちてくる。

一番いいと思ったのがボディバッグだったのです。

まずは、厚手のフエルト素材にはなってしまったものの、カバンにするには柔らかいので全面に接着芯を貼りつける作業から。

デザインは思いついたまま、スマホと車のカギを入れるポケットは必要なのでポケットはつけたかったんです。

真ん中のファスナーにはお財布やハンカチ、ティッシュなど。ポケットの出し入れ部分はマジックテープを縫いつけました。

真ん中のファスナーにはお財布やハンカチ、ティッシュなど。ポケットの出し入れ部分はマジックテープを縫いつけました。

肩ベルト部分は生地が足りないので継ぎ接ぎしながら無理矢理作りました。

金具は全部家にあるもので用意できました。

金具は全部家にあるもので用意できました。


 
長さを調節できるようにしたり、前でカチッと留められる金具も付けて脱着しやすいようにしました。

さて、お手伝い当日は動きの多い動作でも邪魔になることなく活動できました。

(しかしながら3月の夕方から2時間全部外活動はきつかった。身体が芯から冷えるし。)

あ、そうだ。ちょっと作っている最中から気になっていたのが、デザインがなんか変・・・。

家族に聞いても「大丈夫だって」と言ってくれるものの、その時はどこを直せばいいのかわかりませんでした。

しかし、いろいろ観察していたらやっと原因が分かりました。

格好いいのはもっとスリムに縦長に作られているのです。

(エバンス)EBANCE 7 スマート ボディバッグ CA/キャメル【トラベル】(LGB-17029CA)

新品価格
¥3,132から
(2015/3/18 23:33時点)

私のはこうするべきだったのか・・・↓。

ピンクの点のように縦長にすると良かったんだね。後の祭りだけどさ・・・。

ピンクの点のように縦長にすると良かったんだね。後の祭りだけどさ・・・。

リュックならこの形でも良かったのかもしれないけど、ボディバッグは縦長スリムに作るといいのだということが分かりました。

もう改善するにも遅いので次回の参考にします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.