コーヒー豆を入れる袋からトートバッグにリメイクする

コーヒー豆の袋をもらってから約3年ほど。やっと日の目を見ることが出来た。

コーヒー豆の袋をもらってから約3年ほど。やっと日の目を見ることが出来た。

 

書類類を入れ持ち歩くバッグが必要になり、生地を探していたら昔コーヒー豆屋さんで豆を入れていた袋をもらってきたのを思い出し引っ張り出してきました。

 

(その店はもう無くなってしまった)

 

麻袋じゃなくてお土産屋さんにあるような素材の袋です。

 

こんな感じの素材の袋。空港とかお土産屋さんでよく見かけますよね

こんな感じの素材の袋。空港とかお土産屋さんでよく見かけますよね

 

ネットで調べたらPPクロスという丈夫な素材から作られているポートバッグと呼ばれているそうです。

 

リメイク前の状態。A4ファイルが入るようにバッグに変身させますよ。

リメイク前の状態。A4ファイルが入るようにバッグに変身させますよ。

 

 

その素材をA4ファイルが入る大きさでトートバッグを作りました。

 

いろんなところをズームアップ

 

①真ん中に革が縫い込まれている持ち手を外側から縫いつけました。無地の持ち手を使うより革のラインがアクセントになっていると思う。

 

②底にはマチも付けました。書類が分厚くなってきても、他の文房具を入れても大丈夫なように。

 

③布端始末は厚手生地のバイアステープを縫いつけました。すぐパラパラとほつれてくるし、硬い素材なので紙などが破れたりしないように。

 

予定の大きさのファイルも入る

 

数多くのクリアファイルや文房具を入れてこれから沢山出番がくることでしょう。

 
なぜ書類を入れる袋が必要になったかというと、

 

幼稚園(二男)のクラス代表委員になってしまったからです。

 

二男の通っている幼稚園は父母の初顔合わせでクラスの役員を決めます。

 

荷の重い委員を決める時のあの重苦しい空気感といったら・・・。

 

長男の時は重要ランクの委員ではなかったけれど、みんなが仲良くて全員で助け合っていました。

 

どんな仕事をするのかはちょっとは分かる。

 

一緒のバス停のママ友さんは信じられないような殺伐としたママさん達の争いを語っています。

 

それを聞くと恐ろしくて役員にはなれないと思っていたけど、

 

たまたま隣に座っていたママさんが幼稚園のプレスクールから一緒でとても気が合う人で

 

「クラス委員(代表)を一緒にやろっか!?」みたいな話になりました。

 

担任の先生もプレスクール時代の先生が持ち上がりなのでいろいろ相談もしやすい。

 

ってことで二人で立候補しちゃいました。

 

もう7月の幼稚園のイベントに向けて第一段目の仕事に取り掛かっています。

 

仕事をするママさん達とも仲良く順調に進んでおります。

 

頑張るけど「ま、なんとかなるさ」の精神で一年間頑張ろうと思います。

 

しかし、町内会の役員にもなってるし長男のこともある。

 

なかなか忙しい一年になりそうですぞ。

インスタグラム始めました

こちらでも仲良くしてください。フォロー&イイね励みになりうれしいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.