バザーにも♪プラリングで作るバッグ 製作メモ

エスニック調の柄でバッグを作ってみました。簡単だから生地があれば同時進行で量産できます。

エスニック調の柄でバッグを作ってみました。

 

秋に行われる小学校のお祭りのお手伝いでソーイングスタッフをすることになりました。

 

事前に寄付された生地や手芸道具の中から自分で作れそうな物を考えて持ち帰り作品にして代表者に渡す、といった仕組み。

 

パッとは思いつきませんでしたが、なんとなく気になった生地を持ち帰りこのバッグ(写真上)から製作してみることに。

 

製図はこんな感じです。

画像クリックで大きな画面で見られます。

画像クリックで大きな画面で見られます。

縫いしろ分入っての数字です。

 

作り方は

 

まず、1㎝の三つ折りにしてアイロンをかけておきます。

三つ折り縫いする前にアイロンをかけておくと楽チンです

三つ折り縫いする前にアイロンをかけておくと楽チンです

 

上の入り口になるところも1㎝折ってから11㎝のラインにくるように折り目を付けます。

プラリング作り方2

 

1㎝の三つ折りにしたところをミシンで縫います。

プラリング作り方3

 

次は持ち手(プラリング)を縫いつける作業です

 

最初に2~3箇所合い印をつけておいて

プラリング作り方4

 

プラリングをはさみ込みマチ針で仮止めしてから

プラリング作り方5

 

プラリング作り方6

ミシンで縫っていきます。

プラリング作り方7

もう片方も同じ作業をします。

 

こんな感じに出来上がりました↓。

プラリング作り方8

 

 

次は中表に合わせて両サイドを縫う作業。

 

22㎝の縫いどまりまで縫います。

プラリング作り方9

 

両方縫ったら、開き口の両サイドがほつれてこないように5針分ほど2~3往復して補強縫いしてみました。

プラリング作り方10

 

 

さぁ、あとは10㎝ほど底にマチを作ったら出来上がり。

プラリング作り方11

マチがあると物が取り出しやすいんですよ。

 

出来上がりました!

プラリング作り方12

 

裁断から出来上がりまでは2~3時間もあれば仕上がります。簡単だから同時進行で量産することもできますね。

 

さて、このバザーは小学生が対象。

 

小学生の(女の子)自転車のかごの中を見ると、トート系のバッグに荷物を入れている子が多いんですよね。

 

それで、こんなバッグを作ったら使ってくれる子がいるんじゃないかと想定して製作してみました。

 

作るのは私だけど、値段を付けるのはまた違うスタッフさんです。

 

小学生のおこずかいで買えるのを想定するのだから80円くらいかな!?と想像しています。

 

どんな子が買ってくれるんだろう。ドキドキする~。

 

重宝してくれるのを願っています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.