端ぎれの有効活用 「すてきにハンドメイド」の本からスイングポーチを作る

スイングポーチ1

ゴールドの入ったファスナーをアクセントにして裏地に使用してる布で縁取り処理してます。

 

ジーンズリメイクの際に出た端ぎれを表布に使用、裏地はストックしてあった端ぎれと次男が幼児期に着ていた服を使ってスイングポーチを作ってみました。

 

スイングポーチは2014年11月号のすてきにハンドメイドに掲載されています。

 

ポーチ3

 

すてきにハンドメイドの本はおおかたの図書館に置いてあるのではないかと。
(北海道内を転々としてきたけどほとんどの図書館に置いてありました)

 

アンパンマンの裏地のタイプはファスナーを付ける場所を間違ってただの平たいポーチになってしまいました(-_-;)チーン。が、子供は喜んでくれました。

 

このアンパンマンの裏地は次男が小さい頃着ていたパーカーでした。

 

子供っぽすぎない柄が好きで着終わったら小物にリメイクできたらいいな、と思っていたんです。

 

子供がファスナーを開閉しやすいようにアンパンマンの端きれでタグ(飾り)も付けてみました。
手荷物用の子供おやつを入れたりするのにもいいですよ。

 

これから年末帰省したりするのに荷物が多くなりがちです。小分けのポーチが活躍します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.