オ二の金棒もどきを作らされたの巻き

くじらではありません。オ二の金棒のつもりです( ;∀;)

くじらではありません。オ二の金棒のつもりです( ;∀;)

 

次男とひらがなカルタをしていたらオ二の金棒に目を奪われてしまったらしい。

金棒を作るきっかけになったひらがなカルタ

金棒を作るきっかけになったひらがなカルタ

 

あいうえお かるた(ひらがな・カタカナかるた) | ぷりんときっず

 

前々から兄ちゃんの妖怪ウォッチに出てくるオ二のキャラクター好きでいつも眺めていました。

 

日に日に「作って」コールがやかましくなり、次男の小さくなったグレーの長袖から見よう見まねで作りました。

 

適当な形に裁断したら(返し口を残して)周りを縫い、綿をつめて、返し口を閉じたらできあがり。

 

30分もあれば出来上がるかと思ったら1時間もかかってしまいました。

 

なぜか、

 

ニット地を使ってしまったので、綿がいくらでも入ってしまうのです。

 

綿をしっかり入れないとふんにゃりと軟らかい棒になってしまう。

 

ダイソーで買った綿でも足りなくなり、夜から制作を始めたもんだから近郊では綿も売っていないので

 

断乳し終わったらこの授乳クッションをソファに置くクッションにリメイクしようと思っていました。なぜなら、子供二人とも授乳時に使った(次男君は2年間毎日フルで使用し...

 

この授乳クッションを少しほどき、綿を金棒用にもらいました。

 

そして返し口をミシンで閉じようにもパンパンでミシンすら入らない(-_-;)

 

手縫いで閉じなきゃならなくなりました。

 

で、出来上がったのを次男の枕元に置いてねたら・・・

 

起きてきた次男が一言

 

「金棒のブツブツがないのぉぉぉ!?」

 

はい、ありません。

 

うちの息子の使い方では物にぶつかったり、お兄ちゃんに体当たりしてケガをさせる可能性もある(そして泣かされる)

 

なので、つけないことにしました。

 

まぁ、喜んで使っているのはいいのだけど、やっぱり使い方が荒い。

 

こんな感じで金棒を持ち歩いております。こんな子いるんだろうか。

こんな感じで金棒を持ち歩いております。こんな子いるんだろうか。

 

しっかり綿を入れたつもりだけど、伸縮素材を使ったからか持ちて部分がふんにゃりとしてきました。

 

もうちょっと固くしてほしいとの要望が。

 

うぅ~ん、また作らないとダメなのだろうか・・・。

インスタグラム始めました

こちらでも仲良くしてください。フォロー&イイね励みになりうれしいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.