プリントアウトするアンティークフレームでお部屋に写真を飾るの巻き

 

ミシン作業部屋。隣にパソコンも置いてあります、ここにいる事がほどんど。

ミシン作業部屋。隣にパソコンも置いてあります、家事してない時はここにいる事がほどんど。

 

ミシン作業部屋の壁が殺風景なので何かを飾りたいと思っていたんです。

 

私は(腕前はさておき)写真を見るのも撮るのも好きなので、シャッターチャンスがある時にはスマホやカメラで写すのが楽しいんですよね。

 

その写真はどうするかって?

 

家族写真と一緒にアルバムに残したり、ハガキに印刷してお礼の手紙やちょっとした時の挨拶を書いて同封したり、時々ブログにアップする。

 

ん~できるならもっと活用してみたい。

 

ま、そんなわけで今回はフォトフレームと一緒に壁に飾ってみた、という話です。

 

フォトフレームを探し、ダイソーやリサイクルショップも覗いてみました。

 

フォトフレーム10個買ったとして、額縁と壁を接着テープなんかで支えなきゃいけない。

 

もろもろを買うとしたら個人的な趣味の出費にするには結構な金額なんです。(私のおこずかいでは無理)

 

転勤族なので引っ越しする時のあのとてつもない苦労を考えると荷物は極力増やしたくないしさ~。

 

そしたらね、アンティークフレームの画像を無料で使わせていただけるサイトさんを見つけました。

 

 

一応他も探しましたけど、こんなカッコいいセンスのフレームを無料で使えるサイトってなかなかないですよ。

 

「WOLCA」さんというサイトです。画像クリックでサイトへGO!素晴らしくて制作意欲が湧きます。

「WOLCA」さんというサイトです。画像クリックでサイトへGO!素晴らしくて制作意欲が湧きます。

 

こちらからダウンロードすることができて、使い方も詳しく説明してくれていますから親切です。

 

用紙はA4サイズのフォトペーパーで光沢タイプで適度な厚みがある用紙を使用しました。

このフォト用紙は夫にもらいました。時々リサイクルショップでもフォトペーパーを見つけては購入しこの中に入れて収納してましたが、やっと日の目を見ることができました。もちろん100円ショップのフォトペーパーでも大丈夫だと思いますよ

このフォト用紙は夫からもらった物。

 

時々リサイクルショップでもフォトペーパーを見つけては購入し、この中に入れて収納してましたが、やっと日の目を見ることができました。

 

もちろん100円ショップのフォトペーパーでも大丈夫だと思いますよ。

 

ただね、私はハガキサイズに印刷した画像を余白付でフォトフレームに入れたかったので(↓の図のように)

フレームはA4サイズのフォト用紙に印刷、飾りたい写真はハガキサなイズで印刷すると適度な余白が出ました

フレームはA4サイズのフォト用紙に印刷、飾りたい写真はハガキサイズで印刷すると適度な余白が出ました

 

ダウンロードしたフレームを一つ一つ切り離して各フレームずつ保存していき、印刷する時にひとつずつA4サイズに印刷しました。

(言いたいことがうまく伝わるだろうか・・・ボキャブラリーが足りない人間ですまぬ)

windows10での画像編集機能を使ってのフレーム切り離しする方法はあまり興味のある方はいないと思うのですが、自分の覚書としても残しておきたいので、一番下に載せました。ウェブ機能を使いこなせず興味のある方はお手数ですが一番下でお読みいただけたらと思いますm(__)m。

このような感じでプリントアウトしました

このような感じでA4サイズのフォトペーパーにプリントアウトしました

 

印刷が終わったら余白をきれいにカット

印刷が終わったら余白をきれいにカット

 

WOLCAさんのサイトでも説明されていますが、外側の余白をキレイにカット(説明どおり縁をマジックで黒くするのもポイント)したら出来上がりです。

あとは裏にマスキングテープを丸めて4か所に張り付けて壁にはりつけたら額縁の出来上がりですね。

 

四隅にマスキングテープをペタッとな。

四隅にマスキングテープをペタッとな。

 

後はハガキサイズに好きな画像を印刷して貼るだけです。

 

 

壁に貼った写真はすべて現在住んでいる町で写したものです。

 

今は北海道南西部海沿いの小さな町にすんでいます。

 

北海道各地いろんな所にすんでいるからか、そこに住んでいる方には当たり前の景色になっているかもしれないけど

私には新鮮でシャッターチャンスに見えちゃう。

 

下に↓額縁に入れた写真を並べてみました。

 

どれか一つをクリックするとアルバムになっていますので、よかったら見ていってください。スマホにも対応しています。

 

それでは最後にここからは先ほどのwindows10での編集機能を使った額縁の切り離し加工方法です。

 

編集したい画像の上で右上の「編集」をクリック↓

編集したい画像の上で右上の「編集」をクリック

 

 

四角を選択してフレームぎりぎりの範囲を指定します。

四角を選択してフレームぎりぎりの範囲を指定します。

 

範囲を指定できたら「編集」のすぐ右横にある「トリミング」をクリックします。画像がカットされます(この画像を作るの忘れました)

 

名前を付けて保存します。仮にframe1~8という名で保存。

トリミング後は名前をつけて 画像を保存(仮にframe1~8とかに名付けた)します。

 

ここまでカットしたフレームの数だけ同じ作業を繰り返します。

 

 

個人的に「縦横で印刷する」とかそういう印刷設定が面倒な印刷機なもので、画像を保存したあとで画像を横にして「frame3yoko」等と名前をつけて保存しました。

画像回転させて保存します。(そうすると印刷がしやすくなるもので)

画像回転させて保存します。(そうすると印刷がしやすくなるもので)

 

 

こんな感じで画像の編集をしてから印刷していったわけです。

 

長々とお付き合いくださってありがとうございました~~~。

インスタグラム始めました

こちらでも仲良くしてください。フォロー&イイね励みになりうれしいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.