温活してます。はらまきパンティの作り方

体の冷えは大敵です。お腹用のパンティを作ってみました。

体の冷えは大敵です。はらまきパンティを作ってみました。

 

お腹を温めると良い理由は?

1.生理痛の改善
・生理痛がひどいとき、カイロをはったことのある人もいるのではないでしょうか。
カイロを貼ることにより、子宮が温まり経血の排出がスムーズになるため、生理痛が軽減されるのです。
これと同様の効果が、腹巻でも得られると考えられています。

2.全身の冷えの改善
・7割もの女性が悩まされているという、”冷え性”。
多くの臓器が存在したくさんの血液が流れるおなかを腹巻で温めることにより、体全体を温めることができるのです。

3.腰痛の改善
同じく、腹巻をし血流を改善することによって、腰痛改善の効果も期待できます。
特にこの時期、冷えからくる腰痛には効果が期待できるとされています。

キナリノ 「女性必見!腹巻を活用するとうれしいことがたくさんあるよ♪」より引用させていただきました

 

腹巻を作るまでの経過

ロンパース型のインナーを買ったら、とても良かったという記事をブログに載せたことがありました。

お腹の冷えに ノースリーブカットソーとランジェリーが一体になったアンダーウェア

 

現在もフル稼働で着用中。

 

毎日着る枚数を持っていないので腹巻パンティを買いローテーションしながらお腹を冷えから守っています。

 

このショップは手ごろなお値段で送料無料だそうですよ。私が探した数年前は売ってなかったと思うけど、今ならここで買えるね。

このショップは手ごろなお値段で送料無料だそうですよ。私が探した数年前は売ってなかったと思うけど、今ならここで買えるね。だ・け・ど・・・( ^ω^)・・・

 

こんな形のパンティも一枚持っているので(私が探した頃は↑ここではまだ売ってなかったからどこかたまたま見つけたお店で購入したのでした)、

 

まず服を決める時はインナーか腹巻パンティかを決め、下に穿く物を見ながらタンクトップは短めでもいいかな?とかウエストまわりをすっきりできるようなトップスを最後に決めていく、冬場の服の決め方はこんな感じです。(←こんな事はどーでもいいか(笑))

 

手持ちの腹巻パンティは買い替えしなければならないほど着用しました。
それで、探してたんでけどね、こんなタイプのはよくお店で見かけます。

「腹巻パンティ」と検索すると出てきた画像です。

「腹巻パンティ」と検索すると出てきた画像です。

 

太もも部分に注目です。

ボトムスの着用時、裾がクルクル巻き上がってきません!?

 

私だけでしょうか?私は毎度毎度めくれ上がってきて上げ下げする度にイライラします。

(たくましい太ももだからか!?)

 

このタイプは購入しても宝の持ち腐れ状態になってしまう。

 

だから普通のショーツのウエスト部分が伸びた腹巻パンティが欲しかったんです。

 

以前も一度腹巻パンティを試作したことがあります。

健康と美容のためにお腹を冷やしたくないので「はらまきショーツ」を作ってみました

 

しかし、前自作のは割としっかりしたニット生地でも着用していると伸びてきちゃうんですよね。

 

たまたまどこかの試着室で自作のパンティ姿を見た時、凍り付きました。

 

自分の体型プラス伸びた下着姿といったら・・・。

 

鏡にヒビが入るかと思いました。おぉ~怖ぇぇぇ~(-_-;)
それ以来再作成を試みるもなかなかいいのが作れない。

 

そんな時です。

 

実家に帰省した時に(母も洋裁をする人なので)生地ストックコーナーでこの生地を見つけた時にひらめいてしまいました。

 

 

その生地とは水着やレオタード、レギンスに使われる縦横ななめに伸びる生地です。

 

これで作ってみたらしっくりいったんです。

 

数回着用してますが、伸びたりはしてません。

 

ピタッと密着するように作りました。

 

このパンティの上からボトムスを穿くわけですからなるべくもたつかないのがいいかなぁと。

 

腹巻パンティの製図

製図は試行錯誤で制作しました。

 

興味のある方がいらっしゃるかはわかりませんが、一応製図もアップしました。

(手書きの製図をスキャンしただけの簡単な物ですが)

 

腹巻パンティの製図はこちら(全5枚)

 

★もし使う事をお考えの方に参考として★

私のサイズは身長163.5㎝ ヒップ90・ ふともも太め・ウエスト70ちょい超えの胴長寸胴体型です。

着用するとあばら骨の2本目ぐらいまできます。(この表現でいいのか・・・)

水着用の生地で作ると軽いガードルタイプの感じがするかもしれません。キツイとは感じないはず。

日中、着用していますと軽いガードル効果があった方が服装によってはお肉ちゃんをカモフラージュしてくれてるように思えます。

 

生地について

生地は私は家から持ってきた物ですが、

私が適しているかな~、購入するならばこれかな、っと思って探した布がこちらです。

 

生地・服地のニット工房さんより。画像クリックでお店に移動できます

生地・服地のニット工房さんより。画像クリックでお店に移動できます

これ全部水着やレオタードの生地ですね。

この手の生地ではお安くてメール便に対応してくれているので遠方から買う者にとっては助かります。

 

でその中でこの生地↓

50センチ購入してみました。

50センチ購入してみました。メール便164円なり。合計614円なり。

 

50㎝あればちょうど作れますし、102㎝幅なので二つ作れる計算です。

614÷2=352円。一つ辺り352円で作れる計算になります。

 

注文して届くのを待っている状態です。

 

制作しましたら、またブログで報告レポさせてくださいね。

 

腹巻パンティの作り方

 

私の作り方は自己流です。こんな感じで作りました的な感じですが、よかったらお付き合いください。

縫い方

まずは糸とミシンですが、

糸はニット用ミシン糸を使う事をおススメします。(できれば針も)

普通の糸でも縫えなかったわけではないですが(同色のもう一枚は普通糸で縫いました)下着の上げ下げをする時に気付いたけれど、(いつも適当な私ですが)ニット用の糸はやっぱり違うと感じました。

 

ミシン糸(針)を一つ買ったとして生地を50㎝購入(102㎝幅以上)して二枚作れる計算ですから、糸もそれなりに使います。

 

損ではないと思いました。

 

そうそう、ミシンは全行程一番細かい目のジグザグで縫いました。

(私のミシンはアックスヤマザキ「山崎範夫の電子ミシン」です。

ミシンによっては線が縦に三本並んだ縫い目のボタンがあると思うのですが、縫い合わせる場合はそちらも伸縮よく縫い目も強く縫えます。

ただ縫い目を割った両サイドもステッチのように縫いますので、その時は一番細かいジグザグのほうがいいかな。

まずはお股さんにあたる部分を縫い合わせます。

まずはお股さんにあたる部分を縫い合わせます。

 

ここもジグザグ縫いです

ここもジグザグ縫いです

水着やレオタードの生地はほつれにくい生地なので布端始末をしなくても大丈夫っぽいですが、縫い目強化や縫い目のゴロゴロ感を無くす為ステッチ始末するようにしました。

 

次はお股にあたる部分の布を置きます。そして白い部分を縫います。

次はお股にあたる部分の布を置きます。そして白い部分を縫います。

 

次は足が入るホールを縫っていきます。先ほどの布をくるむように7~8㎜のところを1折りしてそこも縫います。

次は足が入るホールを縫っていきます。先ほどの布をくるむように7~8㎜のところを1折りしてそこも縫います。

もう片方も同じく縫います

もう片方も同じく縫います

縫い代アップは(わかりずらい?)こんな感じ

縫い代アップは(わかりずらい?)こんな感じ

おっ、形が見えてきましたよ。次は両脇を縫います

おっ、形が見えてきましたよ。次は両脇を縫います

両脇もジグザグステッチかけてますよ。

両脇もジグザグステッチかけてますよ。

ウエスト部分を1折(1.5㎝)してジグザグミシンをかけます

ウエスト部分を1折(1.5㎝)してジグザグミシンをかけます

最後は波打ってしまった縫い代をミシンで落ち着かせたら出来上がりです!

最後は波打ってしまった縫い代をミシンで落ち着かせたら出来上がりです!

出来上がりました~!

出来上がりました~!

 

二枚作りました

二枚作りました。股のけずり具合がちょっと違います。最終形で落ち着きました。

 

最後に

 

着画はありません( ´艸`)。

お目汚しするだけです。

ってかひどい姿を公開したら捕まりそうだよ!?

 

注文している生地が届き次第、作って感想をのせたいと思っています。

(無地にしたかったのに、なぜシマ模様になった理由も・・・)
やっと自分好みの下着作りを制作することができました。

しいていえばデメリットとしては外見と存在感でしょうか・・・。
(優しいパープル色なんだけどね)

さすがに下着姿でうろつくことはありませんが、温泉等で大勢の人がいる前では着用する勇気はまだありません。

それと洗濯時にその存在感を目立たせないように干す作戦です。

水着にも使える生地なので乾きやすい素材ですからどこか服と服の間にそっと干しておくといいかな(^^♪

何か質問&感想などありましたらコメント欄かfoppish%dq.moo.jp(%を@に変えてね)まで(お気軽に)ご連絡ください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

インスタグラム始めました

こちらでも仲良くしてください。フォロー&イイね励みになりうれしいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.