なんとか自分好みに制作できたVネックの製図で2着目を作ってみました

肩から胸元にかけてシワ寄ってますが、手を下すとちゃんとした形になるんですよ

前回めずらしく納得いける型紙を作ることができたので、2着目を制作したので覚書の制作記録。
 

自分好みのVネックニットを作りました。

 
 
布は北海道にあるカナリヤという手芸店の着分で売られていた二つの生地を組み合わせてみました。
 
花柄と花柄のベースの色にそっくりな無地のニット。
私はいかり肩なので、花柄と無地の生地の切り替えとVネックが肩の広さとガッシリさを目くらまししてくれたらいいな作戦です。
この花柄ではない無地ニットの生地が前回ほど伸縮性がないので襟をつけるのにちょっとコツがいりましたが、でもなんとか成功しました。

前から見た図

 
この着分ニットは二つ買ったので、もう一着作りました。
その時襟つけにコツを見つけたので、バイアスで裁断したらすんなりといきましたし、裾のリブニットの縫い目は後ろ中心にしていたのを(洋裁する母に指摘され)左脇に移動しました。

後ろから見た図

このニットは先日帰省する度にいつも会っている友人宅に招待してくれたので、このニットをプレゼントしました。
友人は喜んで着てみてくれました。
身長は私より6センチ高いからちょっと短めになるのかと思いました。
だけど、彼女は腰高で足も長いので着た感じは短いとかそんな感じもありませんでした。
私が小物以外で自作服をプレゼントするのは初めてなんです。
おしゃれな友人が着るとまたちょっと違った感じにも見られ、いろいろ勉強になりました。
 
インスタグラム始めました

こちらでも仲良くしてください。フォロー&イイね励みになりうれしいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.