バニティポーチを作りました。(無料製図使用)

何号かはわからないけれど、かなりしっかりとした帆布です

この厚地の黒い帆布は長男が「冬休みの自由研究に筆箱を作りたいんだ」と買った物なんだけれど、結局は長男制作のハイネックタートルを制作することになり、その後も縫う気はないみたい。
それならばとバニティポーチ作りに使用しちゃえ。

 

ってなことで、

 

 

製図はコットンタイム9月号 NO122(図書館の本です)に載ってたのを使用しました。

 

布は札幌エスタJRタワー5Fカナリヤにて帆布を購入しました。

 

久しぶりにしっかりとした生地を縫った感じです。

 

ゴールドのファスナーがアクセント。

 

最近はくすみのないゴールドが好みです

 

持ち手部分にもスタッズ(byダイソー)を打ち付けてみました。

このスタッズ一つで印象が変わるもんなんだなぁと。

裏布は付けないので縫い代をパイピング始末にしました。

 

もっと黒の割合が多いパイピング布を使用したらよかったのかな・・・

(パイピングの)布柄の選び方がまずかったのか、妙に浮いてる感じがしますが・・・。

これは自分の化粧道具を入れております。

 

過去に簡素的なのを作ったこともありますが、持ち運びにちょっと無理が出てきた為、

新しいのを作りました。

 

これだとフタ付だから旅行の時も持ち運びOKです。

 

お化粧道具もかなり断捨離しました。
(ある程度使わなかった化粧品類を捨てるのって勇気がいる行動だった・・・)

 

ま、すっきりしたのと自分なりに満足いくバニティポーチが作れたのでちょっとニンマリ。

 

バニティポーチの製図はパンドラハウスさんのサイトに無料製図がありましたよ。

画像はお借りしました。画像クリックでパンドラハウスさんの詳細ページへ移動できます

こちらは四角タイプのバニティポーチ。
説明付なのでとりかかりやすいかなって(^^)

 

今日も最後までお付き合いありがとございます。

インスタグラム始めました

こちらでも仲良くしてください。フォロー&イイね励みになりうれしいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.