コットンフレンド夏号より巾着付トートバッグLサイズを作りました。

コットンフレンド夏号のトートバッグの型紙と撥水加工されたナイロン生地でトートバッグを作りました。写真はこの前お出かけした時に偶然長男が写してくれたのを使ってみました。

 

私はちゃんとしたサブバッグを持っていないことに(今更ですが)気付きました。

いや、あることはあるの。

でも大きさが適当じゃないのです。

持ってるのは必要用途より小さいんだと思う。

 

幼稚園だの、小学校だの、陸上大会だのスリッパとか書類とか文房具だとか水筒など持ち物が増えます。

だから大きめの底の広いバッグを作ろうと思いました。

 

製図はコットンフレンド夏号の巾着付トートバッグのLサイズを使用。

 

生地は服地・生地のマツケさんで、撥水or防水のような加工がされているブラウンのナイロン生地を使いました。

芯が貼られていてハリのあるしっかりしたタイプの生地です。

 

持ちて部分には黒の持ちてテープ(幅3.5cm)に手芸用のスパンコール収縮性タイプ(ブラック)を布用接着剤で貼り付けました。

華美じゃないキラキラ感がまた好きであります

スパンコールあるのとないのじゃ雰囲気が全然違うもんです。

テンション上がる♪

 

手芸用スパンコール伸縮タイプ:キラリ手芸部さんにて購入しました。

巾着部分。沢山詰め込んでも巾着がカバーしてくれるからいいね。

 

巾着部分の布はダイソーさんのハギレを使用しました。

 

いろいろ表地の布を持って合わせてみたけど、ダイソーさんのが一番良かったんです。

 

安くて助かった。

 

 

 

外で使ったりする場合、(例えば長男の陸上応援などでは)雨天時の時も強風の時も十分考えられます(長男は雨男疑惑野郎だからね(-_-;))

 

表面が防水・撥水加工されている生地だと水をはじいてくれて助かります。

(もちろん雪が降っている時期も濡れずに済みます)

 

砂ぼこりのある土地では裏にひっくり返してパンパンほろったりすることも考えられますので、あえて裏地はつけませんでした。

 

その代わり、表面にポケットを付け加えました。

今回はこれくらいシンプルな色合いのサブバッグが作りたかったのです。

 

どこかに柄がある服装の時は無地っぽいほうが考えなくても合わせやすいし、

 

来年は卒園&小学校卒業&小学校入学&中学入学と重なるからシンプルサブバッグも必要になるだろうし。

 

あ、Lサイズなら一泊の荷物も十分収まりますので持っていると重宝すると思います。

 

次は柄のある生地で楽しいトートバッグを作ってみたいです。

 

ちなみに一番上の写真で着ている服もハンドメイドしたので一応↓にリンクしてみました。

ハンドメイド大人服 スカンツをつくりました。

制作リピした大人用のトップス作り

 

今日も最後までお読みくださってありがとうございます。

インスタグラム始めました

こちらでも仲良くしてください。フォロー&イイね励みになりうれしいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.