Foppish Forest

大人服から子供服、小物等の作品を発表してみたり、時々は記憶に残したい事も綴っています。脳内整理ノートのようなブログです。

幼稚園レクレーションの為のプチプチハンドメイド 3月は芸人化していた母の巻き(笑)

calendar

 

作ったのはボールに見立てた棒付きのペロペロキャンディみたいなのです(笑)

この図は次男の通う幼稚園では、卒園お別れ会に年長組のお母さん達がステージで何か出し物をするというのが恒例行事なんです。

夏に幼稚園のお泊り会で札幌に「木下大サーカス」を見に行ったので、母達はそんな芸もできないので、あえて笑いを誘うような見てバレバレの『なんちゃってサーカス』をすることになりました。

その中の一芸で『なんちゃって玉乗りピエロ』の1シーンを図で再現してみました。

私が作ったのはボールに見立てた小道具です。

 

仕組みは簡単。

ダンボールを直径40㎝に切りとり、園芸用の棒を布ガムテープで真ん中に貼り付け、画用紙で飾りつけをしたものです。

ピエロに扮したママさんがヒザに『なんちゃっての足』を付け、下に私が作った『なんちゃってボール』を黒子に扮したママさんが棒を左右に移動しピエロがその動きに合わせて移動する、といった仕組みなんです。

想像つきますでしょうか(笑)

そのほかにもいろいろネタをやったんですよ。

フラフープを炎に見立てて(赤のビニールテープで装飾した)ホワイトライオン(人形)を火の輪くぐりをしたり、

装飾したダンボールを二つ用意して人間の体がナイフで真っ二つに分かれるマジック風のをしたり。

幼稚園児には馴染みがなさそうなノリノリのダンスミュージックをあえて流していたのが母達のテンションが上がって楽しかったのかも。

みんなそれぞれ芸達者でしたよ~。

お母さん達全員、面白い事が大好きで仕事や育児の合間を縫い協力し合って楽しく勧められたことがなにより。

先生や父母の方々、園児にも好評だったみたいで良かったです。

スタイルとしてはピエロママが半分黒子ママが半分、司会が一人。

ちなみに私はあみだくじで「黒子ママ」です。

黒子ママもピエロママも司会ママも基本は全身黒い服を着用。

ピエロママと司会ママは100円ショップとドン・キホーテで揃えたアフロヘアと赤鼻、キラキラ眼鏡、ごみ袋を装飾した衣装で挑みます。

画像は使ったのとそっくりなのを楽天市場で見つけたので、そのお店から画像をお借りました。値段もお手頃なショップです。★←こちら

黒子ママは全身黒衣装に顔を隠す為の黒いのれん風(これもみんなで制作した)のをかぶりステージに上がりました。

この『なんちゃってサーカス』を終わったあとはもう一つ演舞をやりました。

12月の発表会で手話付の歌を歌ったんです。

それを母親が同じように手話で歌うのもプラスしたので、合間を見ながら子供の発表会のDVDを見ながら手話を覚えましたよ。

はぁ~っ大変だったけど、終われば楽しかった思い出です。

この出し物ネタには長男バージョンもあるんです。

話が長くなりそうなので端折って説明すると、

長男も小学校卒業なので、お別れ会レクがありました。

大人のフルーツバスケットゲームをするそうで、負けたらモノマネネタを披露しなければならないというので、

平野ノラさんの

「おったまげ~~~」
「ワンレン、ボディコン、舘ひろし♪」
を一応練習しておきました(笑)

ちなみに長男は陸上のウサイン・ボルト選手の決めポーズを用意していたらしいです。

東スポwebより画像をお借りしました。 画像クリックで記事ページへ移動します

そのお別れ会の最後には担任の先生(女性)が好きは嵐の「one love」をみんなで歌おうということになり、長男と猛練習。

お母さん、3月は芸人化してました(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村